春はあけぼのぼの

日々の出来事やアニヲタ・声ヲタなのでそちら方面の話題も多々あり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JIN-仁-

遂にドラマ化ですね!
JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス)JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス)
(2009/10/02)
村上 もとか

商品詳細を見る
ドラマ化に先駆けてつい先日新刊が発売されました、JIN-仁-ですが…

何というか…以前からこの漫画を愛読していた私としては
ドラマ化される事によって、より多くの人に知ってもらえるという嬉しい気持ちと
やはり批判をされる方もいるのではないかという不安です

今まで様々な漫画がドラマ化されてきて、その度にドラマの期間の短さ故に構成がおかしかったり、
演じる方が明らかに役にハマっていなかったりと、批判されたドラマを沢山見てきました
視聴率が低いから面白くない、というような言われ方もしますよね

JIN-仁-という作品は私にとってとても大好きな漫画の一つです

私の大好きな幕末の時代設定で、しかも医療をテーマにしていて、
初めて読んだ時は一気に一冊を読み終えていました!

中でも一番印象に残っているのが梅毒の治療です
当時の吉原の花魁達の多くが罹っていたという病気ですが今の時代ではほとんど耳にしません
医療がいかに発達していったのかがよく分かります
他にも歌舞伎役者が鉛中毒になったり、コレラとかも出てきますよ!

医療が発達していない幕末で南方仁が人々を助ける為に現代の技術を使います
医療器具などは整っていないので、もちろんある物を使ってですが…

現代から来た自分が過去で亡くなっていた人々を助ける事によって歴史を変えてもいいのか、
と悩む南方先生ですが、それでも一人の医者として助ける事を辞めないと決心します

ドラマではどの辺までが使われるのかが分かりませんが
一つだけ言いたい事が…

ドラマの設定では南方仁(大沢たかお)は現代に植物状態の恋人(中谷美紀)がいるとの事でしたが

原作にはそんな設定これっぽちも無いですからー!!!!!

南方仁を大沢たかおさんが演じるのも、
橘咲を綾瀬はるかさんが演じるのも、
野風を中谷美紀さんが演じるのも、
割とナイスなキャスティングだと思ったけど…
この設定だけは…納得いかない!!!!

何かそれだと南方先生は現代の恋人を想い続けていなければいけなくて
そうすると、咲さんと結ばれてもすっきりしません!!!

くそ…ここでドラマの悪い癖が出てきやがったよ!
そうすれば面白いとでも思ってるんですかね!?

これだけは納得出来ないのですが、まぁ漫画とドラマは別個にして鑑賞する事にします

そして!私がJIN-仁-の中で一番好きなキャラクターが橘恭太郎!!!
咲の兄上なんですけども、とっても武士らしくて素敵です!
龍馬さんにからかわれて赤くなってたり、でも刀を握ると目つきが変わったり…
武士の中の武士って感じなので、お勧めです!

ドラマは小出恵介さんが演じられるそうですが、もうちょっと固い感じの方が合ってるかなーと…
まぁ、小出さんはイケメンなので良いですが…

何はともあれ、ドラマを見るのとこれからの原作の展開を楽しみにしたいと思います!!

このドラマを通してJIN-仁-が多くの人に読まれますように!
【 2009/10/07 (水) 】 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
【趣味】
 音楽・アニメ・映画・旅行とか

【生態】
 日常では一般人を装う隠れ声ヲタ
 ipodの半分はキャラソン
 日本史大好き
 
 ちくわぶがおでんの具で一番好き

FC2カウンター
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。